朝ホルモン

a0193223_14583160.jpg

築地 きつねや
ホルモン煮は、店主の祖父が発案し、代々続く下町の味。下駄職人だった祖父は、お酒が大好きで、肴としてホルモン煮を煮込んだそうです。当初は串刺しのモツを、煮込み汁の大鍋の縁に置き、串一本で呑む、という立ち飲みスタイルだったとのことです。
現在は、八丁味噌をベースにじっくり煮込んだ牛ホルモンを、ご飯の上にかけた「ホルモン丼」が人気です。ホルモン肉の鮮度にこだわり、代々受け継ぐ味を大切に、毎日、煮込んでいる。
朝なんで僕はご飯軽めでお願いしてます。
ホルモン丼 800円
もうちょっと安くてもいいかな。
[PR]
by by8s | 2013-03-14 14:50 | eat out


<< 準備八割本番二割 スキーヤーの晩ごはん >>